HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

お風呂の残り湯で洗濯

お風呂には毎日入ります。入らない日は一日もありません。夏でもシャワーだけで済ませるという日はほとんどないので、毎日浴槽にお湯を溜めるわけです。そのお湯をただ捨てるだけではもったいないですし、本当に無駄です。何リットル、何十リットルも無駄にしていることになってしまいます。それを一年中、毎年繰り返すわけですから考えてみれば膨大な量です。ですから、お風呂の残り湯は洗濯に使うことにしています。洗濯をする時は必ず残り湯を利用します。これでお湯の約半分は再利用していることになり、無駄がぐっと減った気がします。自然環境のため、エコのため、と言うほどのことではないかもしれませんが、こういったことから少しずつ始めてみるのもいいと思います。

応援企業

唐澤誠章は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 唐澤誠章
WEBサイト 唐澤誠章
会社案内 唐澤誠章は、個人サポーターとして、ソーシャルアクションプロジェクトに参加しました。 これからも、唐澤誠章にしかできない活動を続けていければと思っております。 学生時代には、1000名の参加者を集め、ゴミ拾いイベントを開催したり、町おこしプロジェクトに参加していました。 社会貢献は数年~数十年を継続して続けていかなければ解決できないことが多く、寄付金や、個人レベルでの活動では限界があります。 普段、経営者としていくつかの事業を行う中で、自分のためへの時間を重視してきました。しかし、いつしか満たされない気持ちに気が付き、社会のためへの時間とのバランスを考えるようになってきました。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。